乾燥肌は乳液・クリームでケア

肌がカサカサしたりかゆみが出る場合は、肌のバリア機能が落ちている可能性があります。
皮膚表面の角質層は角質細胞が規則正しく並び、そのすき間を細胞間脂質が埋める構造になっています。角質細胞がすき間なくびっしり並ぶことで、外部の刺激が肌内部に侵入することが防がれていたり、肌内部の水分が逃げにくくなったりしています。
ところが、乾燥肌は角質層の構造が乱れて外部刺激に弱く、肌の水分が逃げやすい状態になっています。
このようなときには、乳液やクリームで保湿をしてバリア機能の力を高めましょう。
バリア機能を高めるためには保湿をしてターンオーバーを整える必要がありますが、化粧水だけではすぐに水分が蒸発してしまうので、乳液やクリームで油分を与えて潤いのバリアを作るのです。
では、どのように選んだらよいのでしょうか。
乳液とクリームを比べるとクリームの方が油分を多く含んでいます。そのため、夏場はさっぱりとケアするために乳液を使い、冬場はしっかりと保湿するためにクリームを使うといったように、季節によって使い分けをするとよいでしょう。
バリア機能を高めるために大切な成分がセラミドです。細胞間脂質の大部分を構成している成分がセラミドで、保湿作用に優れている成分です。
セラミド配合でも配合量が少ないと保湿作用は期待できません。成分表の初めに書かれているものほど配合量が多く、セラミドの名前が成分表の最初の方に記載されていれば配合量が高い可能性があります。

化粧水の浸透が悪いときにはブースターを使う

保湿ケアをしてもすぐに乾燥してしまう、顔のある部分はべたつくけどある部分は乾燥する、このような悩みを抱えているならインナードライの可能性があります。
インナードライとは、肌表面はしっとりしている感じがしても、肌の内側は乾燥している肌のことです。部分的に肌がべたつく、キメが乱れている、毛穴が目立つ、肌がざらつくといった特徴があります。
肌の内側に保湿成分を届けるスキンケアがインナードライを解決するために大切なことです。
しかし、肌がごわついてざらつきやすいインナードライの肌に化粧水を与えても、固くなった皮膚が邪魔をして肌の内側には届きにくくなっています。
そのようなときには、化粧水の前にブースター美容液やオイルを使ってみるとよいでしょう。
一般的には美容液は化粧水の後につけますが、ブースター美容液は洗顔後、化粧水の前につけるものです。化粧水の前につけることで水分の通り道を作ってくれて、その後に使う化粧水が浸透しやすくなります。
化粧水の前にオイルを使うと油分によって水分が始まれてしまいそうですが、ブースター効果のあるオイルなら水分をはじいてしまうことはありません。それどころか、肌を柔らかくして化粧水がなじみやすい状態に整えてくれます。
浸透力を高めるために、製品に記載されている適量を守りましょう。
ひと手間加えるだけで化粧水の浸透は変わります。肌の内側に潤いを届けるために、浸透が悪くなってきたと感じるようならブースターを使ってみませんか。
ねおわらびはだ